Prev next

FIRST WORKS イメージ

#005:地球レシピ【グラフィックデザイナー 森奈緒子×SIS】


休日の昼下がり、キッチンで楽しみ味わう、地球の恵み。

 

このおもちゃのきっかけになったのは、グラフィックデザイナーの森奈緒子さん。
主婦としても、子育てに取り組みながら、特に発達障害をかかえる子どもの教育に高い関心を持ち、
自らのクリエーティブスキルを活用した、子どもの勉強補助ツールやオリジナルの「遊び帳」が
地域の学校やコミュニティ、NPOでも使われています。
そんな彼女の活動の延長線上から、そして主婦の視点から、
パパと子どもの遊びや学びに使えるおもちゃを一緒に考えることになりました。

 

私たちと一緒に何度もセッションを重ね、たどりついたテーマが「食」。
森さんがママの視点から、パパにも関心を持ってもらいたいこと。
パパから食材の営みや不思議、自然の恵みとして大切さを子どもに伝えてほしいという願い。
そして、「食育」の関心が高まる中で、机に向かって勉強するということではなく、
実際の食材に触れながら、また料理や食事を楽しみながらできる「遊び」のおもちゃができれば。
こんな想いが折り重なってできあがった『地球レシピ』。

 

works05-01.jpg     works05-02.jpg

 

パパと子ともが一緒に作って、食べて、楽しむ料理レシピが8種類。
料理家の伊柳わこさんも、仲間に加わっていただき、オリジナルな本格レシピが
できあがりました。パパの手作り料理らしいラインナップが揃っています。

 

でも、それは単なるレシピ集ではありません。
レシピの手順と材料がそれぞれ5枚ずつに分かれた、丸いカードで構成されています。

 

「今日はこの料理を作ろう!」と決めたら、
「じゃあどんな順番に料理を作るのかな?」と
子どもと一緒に手順カード5枚を並べるゲームが始まります。
どんな手順で作られているかを考え、知ることで、きっと食べ物に対する好奇心や
作ることへの興味が増していくことでしょう。 

 

材料カード5枚には、その料理に使う食材は「どこから来るのかな?」という
クイズゲームができます。スーパーやキッチンで見かける食材が、
どこに生えているの?どんなふうに育っているの?正体は何?どんなカタチをした生き物かな?
といったことがカードの表裏にイラストで表現されています。
料理をしながら、ちょっと空いた時間に、こんな遊びをやってみると、
とっても興味を持って、調べたり、考えたり、するのではないでしょうか。
もしかすると、パパにも知らないことがたくさんあるかもしれませんよ。

 

また、カードは、1料理ごとに、1個ずつ缶詰めになっています。
缶を開けるときから、どんなカードが入っているのかな?って
ちょっとしたドキドキやわくわくを味わえます。

 

パパならではの、遊び心いっぱいのお料理。いつものキッチンで、たくさんの会話が生まれ、
子どもと一緒に作って楽しめる遊び空間に変わる...そんな楽しみが詰まっています。

 

>>もっと詳しく(PaPaCo Design Project公式サイトへ)

Prev next

Information from NewEntry

#9:「健康日本21全国大会」にて、カズフミくんを紹介しました

2012年10月19日に、厚生労働省・健康日本21推進国民会議などの主催による、「第13回...

#9:電通エントランスに『きのかみ』を期間限定で展示

2012年10月15-26日、汐留にある電通本社ビルのエントランスエリアにて、「Wood ...

pagetop